■原付スクーター HONDA DIO AF18 AF27 メンテナンス帳

■未分類

■タイヤ ブレーキ

■電装系

■駆動系

■外装品


■購入のきっかけ

2006年夏、ガソリン価格の上昇で、近所への買い物や釣りに行くのにスクーターがあれば便利だよな?と思っていたところ、 たまたま覗いた解体屋(バイク屋ではない)で2万円の値札がついたDIOを発見。 店員によるとキャブレターの清掃とリアタイヤは新品に交換するとのこと。 ただマフラーが詰まっているらしく、ドリルで穴が空けてあり、ちとうるさい。 スピードは50キロちょいなんだけど、2万円だし、そこまでしてくれるのならということで即決で購入しました。

af18
主な仕様(AF18)
エンジン空冷 2サイクル 単気筒 49cc
燃費25km/h(田舎走行実測値)
燃費タンク4.0L
ブレーキ前後ともドラムブレーキ

●購入時の問題点

発売が1988年ということなので軽く車齢20年オーバー!!! メーター何回転してるかわからないけどよく走っていると思う。 それにしても日本車ってホントよくできてると思う。 消耗品さえしっかり交換すればまだまだ乗れます。(と思う)
※2011年2月にドライブフェイスを留めているクランクシャフトのスプラインが駄目になりさよならしました。


●2台目購入

4年半活躍してくれたAF18にさよならして2011年2月、今度はスーパーDIO AF27を購入しました。 値段は4万。基本的な整備はもちろん、バッテリーは新品・シートの張替え・塗装もしてあります。 トップケースは通販で送料込み3500円。AF27から燃料タンクが5リットルに増え、またポケットがついたりして収納の面でも改善されています。

af27 af27 af27

あとAF27以降はヘッドライトのスイッチが付いていません。 これは1998年から保安基準でヘッドライトの常時点灯が決められたからです。 言われてみれば当時そんな話があったなと思い出す人もいるかと思いますが、 おじさんやこの時期にバイクから遠ざかっていた人は知らない人も多いかと思います。 僕も知らなくてスイッチを探してしまいました・・・。(すぐに見当が付きましたが) 言い訳になりますが昔から常時点灯を実行していてAF18に乗っていたときも常時点灯をしていたので・・・。 昔、事故を減らすために点灯運動があった記憶がありますが法制化されていたとは知りませんでしたよ。 それにしても若い人にはメット着用義務・2段階右折が無い時代、 もっと遡れば・・・なんて想像もできないかもね。それにしても昔は自由でしたなあ。 ちなみにAF18で昼間ヘッドライトを点灯しなくても違反にはなりませんが、 AF27に後付けでスイッチをつけて消灯すると違反になります。


■お問い合わせ

フォームメール